top of page
サイエンスSARU - ScienceSARU ABOUT
沿革

​会社概要

サイエンスSARUは唯一無二のストーリーを通して新しい表現に挑戦するアニメーションスタジオ。

2013年の設立以来、多様かつ柔軟なスタイルで、世界中に愛される作品の企画・制作を行います

Science SARU is an award-winning animation studio with a diverse and talented staff.

Our creative mission is to explore new avenues of expression through telling authentic stories.

会社情報

会社情報

商号

​株式会社サイエンスSARU/Science SARU Inc.

​設立

2013年2月4日

代表者

Eunyoung Choi

従業員数

51名

所在地

〒180-0001 東京都武蔵野市吉祥寺北町3-1-1

連絡先

TEL: 0422-66-5006

FAX: 0422-66-5008

info@sciencesaru.com

faa7b4_2c22e105e8b242f480492c0298db1e30~
事業内容

事業内容

DSC_5453.jpg
サイエンスSARU - ScienceSARU ABOUT(7)
サイエンスSARU - ScienceSARU ABOUT(8)

・テレビアニメ、劇場アニメ、オリジナルビデオアニメ等の企画・制作

・アニメに登場するキャラクター等を利用したマーチャダイジング

主な受賞歴

主な受賞歴

『Garden of Remembrance』

・ひろしまアニメーションシーズン2024 日本依頼作品部門 入選

『オオクニヌシとスクナビコナ』

・ひろしまアニメーションシーズン2024 日本依頼作品部門 入選

『スコット・ピルグリム テイクス・オフ』

・第29回クリティクス・チョイス・アワード アニメシリーズ賞 受賞

・第35回GLAADメディア賞 OUTSTANDING LIMITED OR ANTHOLOGYシリーズ部門 ノミネート

『犬王』

・第26回ファンタジア国際映画祭 長編アニメーション部門 ​今敏賞(グランプリ)受賞

・第22回フューチャーフィルム映画祭 最優秀長編映画賞 受賞

・第23回富川国際アニメーション映画祭 長編コンペティション部門 特別優秀賞 受賞

・第77回毎日映画コンクール 大藤信郎賞 受賞

・第50回アニー賞 長編インディペンデント作品賞 ノミネート

・第80回ゴールデングローブ賞 アニメ映画賞 ノミネート

『四畳半タイムマシンブルース』

・第47回報知映画賞 アニメ作品賞 受賞

『ユーレイデコ』

・Crunchyroll アニメアワード2023 BEST ORIGINAL ANIME部門 ノミネート

『日本沈没2020 劇場編集版 シズマヌキボウ』

・第24回文化庁メディア芸術祭 アニメーション部門 審査委員会推薦作品

『映像研には手を出すな!』

・NPO法人放送批評家懇談会ギャラクシー賞 月間賞(3月度)受賞

・第20回東京アニメアワード テレビ部門 グランプリ 受賞

・第24回文化庁メディア芸術祭 アニメーション部門 大賞 受賞​

『きみと、波にのれたら』

・第23回ファンタジア国際映画祭 長編アニメーション部門 ​今敏賞(グランプリ)受賞

・第22回上海国際映画祭 金爵賞 アニメーション最優秀作品賞 受賞​

・第41回アヌシー国際アニメーション映画祭 長編部門 ​ノミネート

『DEVILMAN crybaby』

・第22回文化庁メディア芸術祭 アニメーション部門 審査委員会推薦作品

・Crunchyroll アニメアワード2019 最優秀作品賞 受賞

『夜明け告げるルーのうた』

・第41回アヌシー国際アニメーション映画祭 長編部門 ​クリスタル賞 受賞

・第18回文化庁メディア芸術祭 アニメーション部門 大賞 受賞​​

『夜は短し歩けよ乙女』

・第41回オタワ国際アニメーション映画祭 長編部門 ​グランプリ 受賞

・​第41回日本アカデミー賞 最優秀アニメーション作品賞 受賞

・第18回文化庁メディア芸術祭 アニメーション部門 審査委員会推薦作品

『アドベンチャー・タイム(Adventure Time) #80 Food Chain』

・第42回アニー賞 テレビ部門 監督賞 ノミネート

・第39回アヌシー国際アニメーション映画祭 テレビ部門 ノミネート

『ピンポン THE ANIMATION』

・第18回文化庁メディア芸術祭 アニメーション部門 審査委員会推薦作品

・第14回東京アニメアワード TV部門 グランプリ 受賞

bottom of page